プレスリリース

【未来の家電】HOBOTの家庭用窓掃除ロボットが3月よりクラウドファンディングサイト”Makuake”にて日本先行発売をします。

リリース発行企業:モトヤ株式会社

情報提供:

「もう窓拭きなんてこりごり!でもどうすればキレイになるのか」自動窓拭きクリーナー「HOBOT」は、窓掃除に疲れ果てたジョージの突然の閃きによって誕生。 光学CDドライブの技術者で、台湾初のCD-RWドライブの研究開発リーダーでもあったジョージとそのチームは、これまでの経験と知識を生かして自動窓拭きクリーナーの開発に着手。ついに大きな掃き出し窓をたった10分で清掃する「窓拭きクリーナーHOBOT」を発表し、ロボット市場を大いに驚かせました。


HOBOT Technology社は、アメリカで年1回開催される最新テクノロジーが集結する世界規模の展示会「CES」でも複数回受賞を受けるなど、華々しい受賞歴を誇るアジアのテック界をリードする企業。

初代HOBOTから改良を重ねることで、より洗練されたデザインとなった「HOBOT-388」は、人々を魅了し、瞬く間に世界30か国でのヒット商品となっています。

私たち日本人にとっては、「お掃除をロボットに任せる」という発想はまだ定着しきれていないかもしれません。しかし、近い将来、日本が直面する「超高齢化社会」「労働力不足社会」に向けて、こうしたロボット家電は私たちの生活を各段に楽にし、貴重な時間を生み出してくれるにちがいありません。









  • はてなブックマークに追加