食べる 買う

水戸のシフォンケーキ専門店が1周年 「これまで以上にアクティブに」

おすすめのシフォンケーキを前に笑顔を見せる五十嵐さん

おすすめのシフォンケーキを前に笑顔を見せる五十嵐さん

  •  
  •  

 常陽銀行下市支店近くのシフォンケーキ専門店「Oji’s chiffon Cake House(オジーズ シフォンケーキハウス)」(水戸市本町、TEL 029-297-2227)が2月18日、オープン1周年を迎える。

一番人気の「クリームサンド(いちご)」

 運営会社「備前堀LAB」は2018(平成30)年10月創業。商品製造開発部長の小原和弥さんが店舗デザインやキャラクター「おじぃ」のデザインを手掛ける。同店のコンセプト「おもてなし」をモットーに、茨城県産の野菜や果物を中心とした着色料や添加物を極力使わない手作りシフォンケーキを提供する。

[広告]

 「備前堀LAB」社長の水越健一さんは「無事に1周年を迎えられたのは、皆さまのおかげ。これまでに、さまざまな場所で出店などをしたが、人づてでうちのシフォンケーキが伝わっていてうれしかった。近隣の小学校のPTAや習い事の教室からのオーダーなど、地域の人にも利用していただけて、本当にありがたい」と話す。

 シフォンケーキは、プレーン、ココア、抹茶、アーモンドなど10種類をそろえる「カットシフォン」(220円~)、カットシフォンにホイップクリームなどを挟んだ「クリームサンド(350円~)」の10種類のほか、季節商品も用意する。

 オープンから働いているという看板娘の五十嵐利奈さんは「この1年通して一番の人気はホイップクリームの上にイチゴが乗った『クリームサンド(いちご)』。お客さまから『柔らかくてふわふわしておいしい』『ボリュームがある』などの声をいただいている」と話す。

 同店では、シフォンケーキのほか、スタッフの発案を積極的に採用。スタッフ発案商品には、アイスの棒にマドレーヌを挿し、チョコレートでコーティング、ナッツなどをちりばめた「カリーナ」やクッキーのほか、アクセサリー作家としても活動するスタッフのブランド「USAGI」のピアスやヘアアクセサリーなどがある。

 現在、オープン1周年を記念して、1,000円以上の購入で「おじぃの恩返しカード」を配布。その場で「カットシフォン」引換券や「次回から使える割引券」などが当たる企画を行っている。

 水越さんは「水戸駅ビル内のほか、通販でも購入できるようになったが、イベントを中心に県外にも積極的に出掛けていきたい。店舗にはイートインコーナーがないので、キッチンカーの構想もある。買ってすぐ食べられるようなやり方含めて、これまで以上にアクティブに動いていけたら」と意気込む。

 営業時間は10時~18時。