3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

大洗舞台のサーフィンアニメ「WAVE!!」三部作で青春描く 茨城出身声優・前野智昭さん出演も

「WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~」ティザービジュアル © MAGES./アニメWAVE!!製作委員会

「WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~」ティザービジュアル © MAGES./アニメWAVE!!製作委員会

  •  
  •  

 大洗を舞台にしたサーフィン青春アニメ「WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~」のオフィシャルサイトで5月1日、2020年からの三部作劇場上映(予定)が発表され、特報PVとティザービジュアルが解禁された。制作は旭プロダクション。

主人公・陽岡マサキ © MAGES./アニメWAVE!!製作委員会

 「WAVE!!~サーフィンやっぺ!!~」(以下、「WAVE!!」)は、東京オリンピックで初めて競技種目として採用されるサーフィンを題材にしたメディアミックスプロジェクト。原作は、乙女向けコンテンツ「B-PROJECT」などを手掛ける「MAGES.(メージス)」。キャラクター原案は、ゲーム「アルカナ・ファミリア」などを手掛ける、さらちよみさんが担当する。メージス担当者によると、同作品は2017(平成29)年、メディアミックスを狙った企画として立ち上げ。2018(平成30)年からCDドラマ、キャラクターソング、ラジオ、イベント、アプリを展開している。

[広告]

 「MAGES.」担当者は「全世界のサーフィン人口が、球技を除くと高い順位にあり、世界中の海岸にサーフスポットがあふれ、物語の展開に夢があることがきっかけ。オリンピック競技としてサーフィンが初めて採用され、世界選手権での日本人選手の活躍によりメダルも狙えるということも大きな理由」と振り返る。「世界の名だたるプロサーファーが実際に超イケメンである事が、企画を加速させた」とも。

 アニメの舞台となる大洗町は、オリンピック種目としてサーフィンが初めて採用されたニュースと試合会場が釣ヶ崎海岸(千葉県)であったことなどから決定。「実は過酷なスポーツであるサーフィンに初めて挑む主人公のイメージを表現するのに大洗のロケーションがマッチした。調べていくうちに、大洗海岸は波のクオリティーが高くハイレベルなサーファーにも好まれる一方、近年は初心者も受け入れやすいビーチもあるということが分かり、アニメの舞台として最適だと考えた」と担当者。

 同作品は、主人公の陽岡(ひなおか)マサキが転校生秋月ショウと出会い、サーフィンにのめり込んでいく青春群像ドラマ。サーフィンにのめり込む若者たちを描くため、掲げる目標をオリンピックと同じ千葉県の大会という設定にした。出演は、陽岡マサキ役・前野智昭さん、秋月ショウ役・小笠原仁さん、田中ナル役・中島ヨシキさん、厳名コウスケ役・佐藤拓也さん、松風ユータ役・白井悠介さん、木戸ナオヤ役・土岐隼一さん、フケ倫道役・岡本信彦さん、森ウィリアム聡一郎役・森久保祥太郎さん。

 主人公・陽岡マサキ役は、茨城県出身の前野智昭さんへオファー。担当者によると「前野さんへのオファーの構想は初期からあり、前野さんが茨城出身で茨城をとても愛しているということが決め手となった」という。

 同作品では、若者たちがサーフィンというスポーツを通してお互い励まし合いながら成長していく姿を描くことに注力。「波についてはプロの監修いただきながら繊細、かつダイナミックに表現した」とこだわりを話す。

 担当者は「サーフィンというとどこかチャラいイメージがあるが、実は『天国に最も近いスポーツ』と言われるほど危険。そんなスポーツにのめり込み、時には葛藤や挫折、危険を味わいながらも前に突き進んでいく彼らを見て、何か情熱を注げるものを見つけていただけたら」と呼び掛ける。

 尾崎隆晴監督は「どんな波でも選んだら自由にうまく乗りこなせ!崩れる波に後ろはない!ひたすら前に進め!きっと心地の良い風に気付くはず!サーフィン知ってる人も知らない人も必ず見てほしい!なぜなら人と人、そして自然と触れ合う心はこんなにも美しく素晴らしいものだと誰もが一緒に感じあえるから!そんなことをスタッフと思い抱きながらテイクオフしました。サーフィン楽しみながらの自分探し、人への思いやり…見つけて下さい。一緒に波に乗りまショ~~~must go on!応援よろしくお願いします」、キャラクター原案のさらちよみさんは「サーフィン界独特のおしゃれなアース感や、サーファーたちのかっこいい飛躍感をキャラクターで描けたら…という思いが現実となり、さらに素晴らしいスタッフ様たちのおかげで映像にしていただけることになり感激です。PVを観た後、海に飛び込みたくなりました。動く彼らに会えるのをとても楽しみにしています!」とコメントを寄せる。

 「エイベックス・ピクチャーズ」プロモーショングループ担当者は「2020年からの劇場上映に向けて鋭意進行中のプロジェクト。今後も続報を楽しみにしていただければ」と話す。