3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

水戸のコワーキングスペースでラーメンフェス 2店の味を食べ比べ

(左から)「琴平荘」の「中華そば」、「横浜家系ラーメン作田家」の「暴君RA-MEN」

(左から)「琴平荘」の「中華そば」、「横浜家系ラーメン作田家」の「暴君RA-MEN」

  • 9

  •  

 水戸のシェアオフィスビル「M-Work(エムワーク)」(水戸市南町)で8月30日、「M-Work×宅麺.comラーメンフェス」が開催された。主催は、M-Work。

 同施設は地下1階から3階までと屋上エリアを有し、1階には「BAYRON BAY COFFEE(バイロンベイコーヒー)」が出店、2階と3階はコワーキングスペースやシェアオフィスとして運営している。地下1階と屋上はフリースペースとして提供している。「宅麺.com」は、全国の行列店のラーメン・つけ麺を取り寄せできる通販サイト。

[広告]

 当日は、2種のラーメンを楽しめる食券「ハーフ&ハーフ」を販売。屋上エリアで、食券と、「宅麺.com」スタッフが調理した「横浜家系ラーメン作田家」の「暴君RA-MEN」と「琴平荘」の「中華そば」2種のラーメンと引き換えた。この日の水戸市の最高気温は33度。暑さの中、ラーメンを食べる人々の姿が見られた。

 日立市在住の20代男性は「普段は行けない店舗のラーメンを味わえた。今回は2種類のラーメンを食べ比べて楽しむことができたのもよかった」と話す。

 M-Workの芦沢鴻介さんは「水戸の盛り上げに一役買いたい。水戸中の人が集まるようなイベントを定期的に行っていくので、これからもぜひ参加してほしい」と話す。