新型コロナ関連16日:県内23名、水戸市内2人…

見る・遊ぶ 暮らす・働く

いばらき大使の安達勇人さんツアーファイナル はかま姿で17曲

はかま姿で歌う安達勇人さん

はかま姿で歌う安達勇人さん

  • 0

  •  

 声優・俳優・音楽アーティストとしても活動する「いばらき大使」「笠間特別観光大使」の安達勇人さんが5月29日、笠間公民館大ホール(笠間市笠間)で「安達勇人超軽トラLIVEツアー2021~茨城の侍 笠間の乱~」を開催した。

笠間稲荷囃子とコラボも

 安達さんは、テレビアニメ「王室教師ハイネ」でブルーノ・フォン・グランツライヒの声役をはじめ、漫画やアニメ、ゲームなどを原作・原案とした2.5次元舞台の出演、ラジオ番組のパーソナリティーなど幅広い場所で活躍している。

[広告]

 同ツアーは、昨年行った軽トラックの荷台をステージにした野外ライブ「軽トラLIVEツアー」の続編。ツアータイトル「茨城の侍」として、筑西市と同所で2公演を行った。ツアーのチケットは完売。新型コロナ感染拡大防止のため、座席数は半分に制限して開催した。

 当日は、キッズダンサー「DROPS.」のダンス披露から始まり、数曲後に安達さんがはかま姿で登場。新曲「SAMURAI ROCK YOU」から始まり、「AYH」「ポレポレさん家のあだちくん」「夢」「Letter」など15曲を披露した。会場では、観客の発声もなく拍手とペンライトを振りライブを楽しむ姿が見られた。

 MC中、安達さんが大使を務めるJA水郷つくばの職員も登壇。この日に合わせたというコック姿とツナギ姿の安達さんの等身大パネルを贈呈し、レンコンのPRを行った。

 本編が終了後、幕が下りてもアンコールを求める拍手が鳴りやまず約5分。再度幕が上がると、ステージ上には、ひょっとこ姿と太鼓を囲むハッピ姿の数名が登場。「笠間稲荷囃子(ばやし)」よるおはやしが演奏された。おはやしの途中、仮面を外し安達さんが姿を見せると会場の拍手は一層大きくなった。

 同団体メンバーとのコラボは約2週間前に決まったという。団体で集まっての練習ができない状態だったが、それぞれ自宅で練習し、当日のコラボにこぎ着けた。

 その後、「スターマイン」と笠間稲荷囃子の太鼓と共演する形で再び「SAMURAI ROCK YOU」の2曲を歌い上げ、終演。

 ライブ終了後、安達さんは「感謝の気持ちで胸がいっぱい。子どもたちがキラキラと目を輝かせて踊っている姿や、おはやしの皆さんが僕の曲に合わせて太鼓をたたいたり笛を吹いたり、僕自身もひょっとこを演じたりして表現者として改めてうれしかった」と振り替える。

 「今、人と人との距離を取るソーシャルディスタンスが当たり前だが、人の心と心の距離はいつも近くにあってほしい。僕たち大人が一歩前に進まないと子どもたちだって進めない。一生一度きりで、同じ瞬間はもうない。何かを考える際、『コロナだから辞めるのではなく、コロナだからどうやってやる』など明日に目を向けていただきたい」と呼び掛ける。

 安達さんは「誰かの背中をそっと押せるよう、どんな時代であれブレず変わらず、雨が降っても、風が吹いても止まらずに安達勇人、ADACHI HOUSEを通して突き進んでいく」と笑顔を見せる。

 安達さんは今夏、笠間市内のイベントでのコラボ企画なども予定する。最新情報は、公式サイト、公式ツイッター、フェイスブックなどで発表する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース