学ぶ・知る

水戸で「就活」テーマのトークイベント 大学生から40代まで41人が参加

イベントには大学生から40代までが参加した

イベントには大学生から40代までが参加した

  •  
  •  

 「就活」テーマトークイベント「夜ラボ(仮)run6~激論・人生100年時代の就活、キャリア~」が1月19日、水戸のM-WORK(水戸市南町1)で行われた。

 主催は、水戸市在住の豊崎悟さん。「勉強、飲み、交流、語り合いをゆるく本気でやる」をコンセプトに昨年6月から始まった同イベントは今回で6回目。飲食を楽しみながら、「翌日から実験したくなること」をファシリテーターの豊崎さんがゲストから引き出し、参加者と共に考え語り合う。

[広告]

 豊崎さんは「固い講演会や勉強会ではなく、食べたり飲んだりしながら話を聞き、みんなで学んで『明日から何か実験しよう』という前向きに進んでいくイベント。みんなにとって楽しい時間になることで、学びの効率も良くなり、学んだことを実験するのではないかと思った」と話す。「人が成長し、何かうまくいって、結果として地域が良くなるのでは」とも。

 この日は、地元の大学生18人から40代まで41人が参加。ゲストスピーカーに「雇用人材協会」の佐川雄太さんと人材採用総合サービス会社勤務の園部善彦さんを招き、参加者たちはそれぞれの生い立ちや就職活動などの実体験話、近年の就活事情などを聞いた。その後、「就活とキャリア、企業の採用」をテーマに議論を行った。交流会では、経営者や社会人に大学生が質問やメモを取る姿も多く見られた。

 次回は2月19日、「学生のための自己分析会&面接練習会」を予定している。

  • はてなブックマークに追加