見る・遊ぶ

いばらき大使の安達勇人さんツアーファイナル 翌年の開催も発表

ステージに立つ安達さん

ステージに立つ安達さん

  •  
  •  

 いばらき大使の安達勇人さんが立ち上げた茨城活性化プロジェクト「ADACHI HOUSE」の全国&アジアツアー2019ファイナル「ADACHI HOUSE FESTIVAL 2019」が9月1日、ザ・ヒロサワ・シティ会館大ホール(水戸市千波町)で行われた。

ツアーファイナル「ADACHI HOUSE FESTIVAL2019」の様子

 声優として、テレビアニメ「王室教師ハイネ」のブルーノ・フォン・グランツライヒ役や漫画やアニメ、ゲームなどを原作・原案とした2.5次元舞台、ラジオ番組などで幅広く活躍する安達さん。ツアーでは、国内5会場、台湾、上海、タイでのアジア公演を行った。

[広告]

 MCは、お笑いトリオ「ニブンノゴ!」森本英樹さん、大川知英さん。ゲストには、茨城県出身で「おおきく振りかぶって」「弱虫ペダル」など人気アニメの声優を数多く務める代永翼さん、高校ラグビーを舞台にしたアニメ「ALL OUT!!」や「アイドルマスターSideM」などで活躍する声優の千葉翔也さん、安達さんと「王室教師ハイネ」で共演し、俳優としても舞台に立つ廣瀬大介さん、水戸市出身で宝塚歌劇団・元星組スターの七海ひろきさん、「ラブライブ!」などで活躍する声優・歌手の新田恵海さんを迎えた。

 ゲストを交えたトークやアドリブを入れた朗読劇、ファン参加型の間違い探しゲームなどで会場を盛り上げたほか、ライブでは、「君はシンデレラ」「みんなでWOW」「Roar」「FAN☆FARE」、新曲「CHOCO-MINT-BLUE」など全10曲を披露。赤ちゃん連れからお年寄りまで約1500人のファンが曲に合わせ、ダンスをしたり、タオルを振ったりする様子が見られた。

 ゲストの代永さんは「茨城で、こんな夢を掲げる安達くんはすごい。できることがあれば力になりたい」と話し、七海さんは「茨城でのライブに参加させてもらえて、学ばなきゃいけないと思うことも多い。これから自分も茨城を盛り上げるのに頑張っていきたい」と話した。

 安達さんは「僕はフリーで活動している。事務所はこの茨城で、プロデューサーは各市町村、マネジャーは皆さんだと思っている。本当の町おこしをしたくて、この『ADACHI HOUSE』を始めた」と話し、「数年後には、数万人規模のフェスを茨城でしたいという構想がある。ここからがスタート。ついてきてほしい」と笑顔を見せた。

 来年秋には、同所で「ADACHI HOUSE FESTIVAL 2020」の開催も決定。最新情報は、公式サイト、公式ツイッター、フェイスブックなどで決まり次第順次発表する予定。

  • はてなブックマークに追加