暮らす・働く

水戸に洗濯代行店「WASH&FOLD」 茨城県内初出店、スニーカー洗濯も

「WASH&FOLD 水戸千波店」店内の様子

「WASH&FOLD 水戸千波店」店内の様子

  • 17

  •  

 洗濯代行サービス店「WASH&FOLD(ウォッシュ・アンド・フォールド)水戸千波店」(水戸市千波町、TEL 029-241-4040)が11月30日、オープンした。運営は「茨城トヨペット」(水戸市)。

洗濯代行はスニーカーの利用が多い

 「アピッシュ」(東京都渋谷区)が米国生まれのサービスを日本の生活習慣に合わせて全国にフランチャイズ展開する「WASH&FOLD」は茨城初出店。日常的な衣類や布団の洗濯代行、セルフサービスコインランドリー、クリーニング取り次ぎ、スニーカーランドリーを行う。

[広告]

 店舗面積は約25坪。セルフ用の洗濯機5台、乾燥機8台、代行用の洗濯機と乾燥機を備える。洗濯代行初回利用時は洗濯物受け渡しに使うランドリーバッグ(500円)の購入が必要。サイズは、レギュラー(6~8キロ収容)、スモール(3~5キロ収容)の2種類。

 洗濯代行は持ち込みと集配付きの2本立て。料金は1バッグ当たり、持ち込み=レギュラー2,420円、スモール=1,650円、集配付きは、追加料金1,100円が必要となる。色分け洗濯にも対応し、1回440円。集配エリアは店舗から半径5キロ圏内。

 オープン初日と2日目の週末は約100組が来場した。ストアマネジャーの岡崎哲也さんは「スタイリッシュで清潔感のある店舗が好評だった。洗濯代行サービスやスニーカーWASHなども利用方法や仕上がりに興味を持つ方が多かった」と話す。洗濯代行はスニーカーの利用が多いという。

 12月31日までの期間中、セルフ用洗濯機全サイズ(1回)=100円、ランドリーバッグプレセント、SNS登録やフォローで洗濯代行無料カード進呈を行う。

 岡崎さんは「働く男性・女性をはじめ、千波・笠原・緑岡・見川エリアは戸建ても多く、子育て世帯や共働き世帯など、忙しくて洗濯の時間が取れない方も多い。少しでも多くの地域のお客さまに『WASH&FOLD』のサービスを知っていただき、自分の趣味や大切な人、家族、友人と過ごすような特別で豊かな時間をつくるお手伝いになれば」と期待を寄せる。

 営業時間は、コインランドリー=6時~23時、洗濯代行=8時~21時。1月1日~3日休業。