食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

水戸の年間PV1位は「茨城大学ミスミスターコンテスト」 飲食店記事も上位に

「茨城大学ミスミスターコンテスト2019」 最終候補者8人そろう

「茨城大学ミスミスターコンテスト2019」 最終候補者8人そろう

  •  
  •  

 水戸経済新聞の2019年PV(ページビュー)ランキング1位に輝いたのは、茨城大学の「ミスミスターコンテスト」のファイナリストを伝える記事だった。

 ランキングは今年1月1日から12月12日までに配信した220本のヘッドラインニュースのPVを集計したもの。上位10位のランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

[広告]

1. 「茨城大学ミスミスターコンテスト2019」 最終候補者8人そろう(11/15)

2. 「茨城スタミナラーメン総本家 松五郎」が移転 初日は行列ずらり(6/5)

3. 水戸にタピオカ専門店「TTea TOKYO 水戸店」 SNS映えの装飾も(7/9)

4. 水戸にクロワッサン専門店 「焼きたて、パリパリの皮」にこだわる(9/7)

5. 台風19号 広域水戸圏で大規模浸水 災害廃棄物の受け入れも始まる(10/13)

6. 水戸の中華料理店「宝珍楼」閉店へ 31年間の営業に幕(2/23)

7. 台風19号 水戸市で臨時休業・閉店時間繰り上げ相次ぐ 市は自主避難所開設(10/12)

8. 水戸にタピオカミルクティー専門店 クラブのエントランスに出店 (2/20)

9. サザコーヒーがガルパン「マリー様のモンブランケーキ」開発、発売(8/3)

10. 水戸の家具店が移転オープン 「家に帰りたくなるインテリア」を提案(3/22)

 1位は茨城大学の「ミスミスターコンテスト」のファイナリストを伝える記事で、さまざまなファイナリストがSNSを中心に話題を集めた。

 2位は、6月5日に移転オープンした「茨城スタミナラーメン総本家 松五郎」(水戸市袴塚)を紹介する記事だった。「スタミナラーメン」は、昭和40年代に学生が多かったJR勝田駅前で「安くおなかいっぱい食べてもらって、スタミナをつけてほしい」と、先代の店主が生み出したメニュー。当日は、県内外から足を運ぶ客も見られた。

 3位には「TTea TOKYO 水戸店」のオープンを紹介する記事。タピオカやSNS映えする内装のこだわりが中高生を中心に話題となった。

 10月に広域水戸圏で大きな被害をもたらした台風19号の災害廃棄物の受け入れを伝える記事や臨時休業・閉店時間繰り上げを伝える記事には多くの関心が寄せられた。

 茨城大学そばの中華料理店「宝珍楼」の閉店を伝える記事では、「#宝珍楼」をつけての発信が広がるほか、連日全国各地から客が駆けつけ、店主と客との絆を感じさせた。クロワッサン、タピオカ、モンブランケーキなど飲食店に関する記事が多くランクインした。

 水戸経済新聞は2020年も広域水戸圏の「まちの記録係」として街の動向に注目していきたい。