3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

Bリーグ残り全試合中止 茨城ロボッツ「ピンチはチャンス」の精神で

「茨城ロボッツ」2019-20シーズンの試合の様子

「茨城ロボッツ」2019-20シーズンの試合の様子

  • 4

  •  

 男子プロバスケ「Bリーグ」は3月27日、2019-20シーズンの残り全試合を中止することを発表した。

 「Bリーグ」 は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月28日~3月11日の試合を延期。3月14日から無観客での試合再開などを行っていたが、選手の発熱などの理由から再び中断。4月4日のリーグ再開を目指していたが、「新型コロナウイルス感染症の海外及び国内での感染拡大により、選手、クラブ、ファンの皆さまの心身の健康を最優先に考え」(Bリーグ)今シーズンの全試合中止を決めた。

[広告]

 水戸市をホームタウンにする「茨城ロボッツ」今季の最終順位は26勝21敗(勝率0.553)でB2東地区3位、B2全体の18チームでは7位となった。

 チームは1試合平均78.7点の得点で今季リーグ9位。個人成績では、福澤晃平選手が3ポイントで平均42.3%の2位、キャプテンの眞庭城聖選手が37.2%で7位に輝いたほか、フリースローで福澤晃平選手が4位、平尾充庸選手がフリースローで5位、アシストで8位(平均4.3本)にランクインした。

 クラブを運営する茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント(水戸市南町)の山谷拓志社長は「今シーズンは、開幕からアダストリアみとアリーナをホームアリーナとし平均観客数が2000人を超え、中盤からホーム15連勝を成し遂げるなど確かな成長を感じ取ることができた一方、選手のけがやコンディション不良などにより地区上位に食い込むことができず課題の残るシーズンとなった」とコメント。

 「想定外のシーズン終了となったが、『ピンチはチャンス』の精神で、今日から希望ある2020-21シーズンに向けて、皆さまにスポーツエンターテインメントをお楽しみいただくべく、準備を始めたい。さまざまな活動が制限され先が見えない状況だが、そのトンネルを抜けた先でブースター、サポーター、ファンの皆さまとNATTO HEADをかぶり笑顔で再会できることを楽しみにしている」と続けた。

 アンソニー・ガーベロットヘッドコーチは「まず、率直に悲しい、残念だという思いがある」とする一方、「今シーズンB1に昇格するというビジョンがあった中で、挑戦する機会が失われてしまったのは残念だが、今回のBリーグの判断にはリスペクトしている。世界中で立ち向かっていかなければならないこの深刻な状況において、我々は未来のために考えていかなければならない。このような状況の中でもクラブにポジティブなメッセージを送ってくださるファンの皆さまもたくさんいる。皆さまの応援で、我々はいつもベストなパフォーマンスをするために前向きに戦い続けることができた。今は、次につなげるための時間。関わってくれた方々に恩を返せるように、できる限りのことをしていきたい」とコメントした。

 キャプテンの眞庭城聖選手は「シーズンの試合は終わったが、皆さまとロボッツの関係が終わるわけではない。ロボッツとしては何かしらの形で皆さまに一緒に楽しんでいただけるような企画やイベントをできる限り発信し続けていきたい。この時期も楽しみながら、また皆さまの前でプレーして一緒に笑いあえるように乗り越えていきましょう」と呼び掛ける。

 今季のBリーグは「優勝チーム無し」となるほか、B1からの降格クラブは無いが、B2からは2クラブが昇格。2020-21シーズンはB1が20チーム、B2が16チーム構成となる。