暮らす・働く

全国の介護職に教員が卒業生応援プロジェクト 全国から41人参加

全国各地から41人が参加

全国各地から41人が参加

  • 310

  •  

 介護福祉士養成校の教員らで組織する「がんばるプロジェクト」が5月12日、オンライン会議システム「Zoom」で、「卒業生応援プロジェクト」のキックオフイベントを開いた。

全国各地から41人が参加

 プロジェクトでは、全国の介護現場で働く卒業生に向けて、養成校の教員からエールを送る。水戸市の「いばらき中央福祉専門学校」の小林信彦さんらが発起人となり始まった。現在、同プロジェクトに賛同する養成校教員のネットワークは北海道から福岡県まで広がっているという。

[広告]

 プロジェクトメンバーで都内の養成校教員を務める高橋利明さんは「卒業生たちは『今』どんな思いで毎日を過ごしているのだろうかと思ったことがきっかけ。十分頑張っている卒業生たちにこれ以上『頑張れ』とは言えない。教員としてできることはないかと考えた」と話す。小林さんと高橋さんが話を深める中で、「介護は誰かを応援する仕事」という気付きからSNSを通じたハッシュタグ企画を立案。

 同プロジェクトでは、日常の暮らしや仕事の中で見つけた誰かの小さな「がんばり」に、「#介護もがんばる」とSNS投稿に付けて発信。応援することで卒業生に元気になってもらう狙い。一定の投稿数で、内容を紹介するイベントをオンラインで開催予定。介護職の感性ですくい取った「みんなのがんばる。」をビジュアル化する予定だという。

 当日は、全国各地の養成校教員や介護関係者ら41人が参加。「ビジョンの共有」「活動の流れ」の説明、有志で作ったオリジナル応援ソング「リトルガッツ」の発表、「交流の時間」「質疑応答」を設けた。参加者からは「応援すると自分が元気になる」という声が上がったほか、「やってみます」といった積極的な声が見られた。

 小林さんは「この応援の輪を拡げていくことで、卒業生の応援はもちろん、介護の仕事の良さをアピールすることができたら」と話す。