見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

大洗・ひたちなかエリアで鉄道3社がデジタルスタンプラリー 夏の茨城楽しんで

「JR×鹿島臨海鉄道」と「JR×ひたちなか海浜鉄道」のオリジナル画像

「JR×鹿島臨海鉄道」と「JR×ひたちなか海浜鉄道」のオリジナル画像

  • 23

  •  

 JR水戸支社は7月17日、ひたちなか海浜鉄道・JR東日本水戸支社・鹿島臨海鉄道3社で連携した「いばらき鉄道デジタルスタンプラリー」を実施すると発表した。

「鹿島線開業35周年記念バッジ」

 スタンプラリーでは、7月23日から9月30日までの期間、JR東日本水戸支社の観光情報アプリ「常磐線でGO!」を使い、ひたちなか海浜鉄道・JR東日本水戸支社・鹿島臨海鉄道の大洗・ひたちなかエリアを中心にデジタルスタンプラリーを展開。

[広告]

 JR水戸支社のデジタルスタンプラリーは、今年2月~3月の「梅まつり」と4月~6月の「県西・県南エリア」の観光系デジタルスタンプラリーに続く3回目の取り組み。鉄道系のデジタルスタンプラリーとしては初の開催となる。

 対象駅に設置した「QRコード」を読み取り、各コースにつき2カ所のスタンプを集めると先着100人に「鹿島線開業35周年記念バッジ」や「湊線ノート」といった「ちょっぴりプレゼント」と、「JR×鹿島臨海鉄道」「JR×ひたちなか海浜鉄道」のオリジナル画像(スマホ用壁紙)を進呈する。

 対象駅は「大洗コース」=水戸駅、大洗駅。「ひたちなかコース」=勝田駅、那珂湊駅。「ちょっぴりプレゼント」の引き換えは、「大洗コース」=大洗駅売店、「ひたちなかコース」=那珂湊駅。引き替え時間は8時~18時。

 期間中、鹿島臨海鉄道では大洗鹿島線、湊線、常磐線をモチーフとした絵や写真などの作品を募集。大洗鹿島線車内に集まった作品の展示を行う。募集期間は7月17日~8月28日で、展示は9月1日~約1カ月を予定する。

 ひたちなか海浜鉄道では、8月6日、20日、27日の3日間、同スタンプラリーの特別企画として、那珂湊駅の車庫見学会を行う。那珂湊駅でスタンプを入手した客が対象で、事前予約制。各日20人。申し込みは、電話、ファクス、ホームページの問合せフォームで受け付ける。名前・住所・性別・年齢・日中連絡可能な電話番号が必要。

 JR水戸支社の担当者は「期間中、夏季特別設定の『ときわ路パス』の販売もしているので、この機会に3社の鉄道を利用いただき、夏の茨城を楽しんでいただけたら」と呼び掛ける。