3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

大洗にホビー喫茶「Sdkfz」 模型やプラモデル販売、アーケードゲーム設置も

店主の日比さん

店主の日比さん

  • 44

  •  

 模型やプラモデルなどを並べる喫茶店「ホビー喫茶 Sdkfz(スダコフツ)」(TEL 080-4404-6624)が大洗町磯浜町にオープンして2カ月がたった。

設置するアーケードゲーム

 5月1日にオープンを予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期を余儀なくされ、6月22日にオープンした同店。

[広告]

 店主の日比健之さんは東京都出身。都内の模型卸会社に勤務していたが、大洗を舞台にしたアニメをきっかけに同町に足を運ぶ中で、まちの人々とのやりとりや居心地の良さにひかれ、40歳を前に退職し大洗への移住を決めた。

 日比さんは「住宅兼店舗として新築した。大洗に通い始めたころ、喫茶店が少なかったのでホビーショップも兼ねた喫茶店にしようと思った。自分の好きな物を詰め込んだ喫茶店の開業ができた」と話す。

 店内には、アーケードゲームを設置するほか、3カ月ごとに展示を入れ替えるショーケース、日比さんが長年集めた模型やプラモデル、フィギュアなどを並べる。ガイアノーツの塗料250色以上の販売、プラモデルの受注販売なども行う。来店客が思い思いに書き込めるよう店内にはコミュニケーションノートを設置する。

 席数はテーブル席10席。接客や調理は日比さんが手掛け、メニューにパスタや自家製カレー、2層の自家製コーヒーゼリー、紅茶など10種類以上を用意する。

 日比さんは「ありがたいことに、近所のお母さんたちや自分のような大洗移住者、ツイッターで知ったというアニメやホビー好きのお客さんが足を運んでくれる」と笑顔を見せる。「今後はパスタメニューを増やすほか、テークアウト販売も予定している。趣味の範囲が広いので、模型やプラモデル、ゲームなどの質問にも対応していきたい」と意気込む。

 営業時間は11時~18時。月曜・火曜定休。