食べる 買う

笠間工芸の丘に「くりの菓シリーズ」第3弾 全国1位のクリ産地PR

「くりの菓シリーズ」第3弾商品の「栗ブッセ」

「くりの菓シリーズ」第3弾商品の「栗ブッセ」

  • 16

  •  

 笠間工芸の丘・クラフトショップ(笠間市笠間)で現在、笠間産のクリを使った「くりの菓シリーズ」第3弾商品の菓子「栗ブッセ」を販売している。

「くりの菓シリーズ」第3弾商品の「栗ブッセ」

 昨年5月、クリの生産量全国1位の茨城・笠間ならではの、クリに特化した商品として販売を始めた同シリーズ。これまで、洋菓子店「グリュイエール」(笠間市下市毛)と共同開発した笠間のくりパウダーを使った「クランチチョコ」、和菓子店「松島製菓」(笠間市笠間)と共同開発した「栗ゆべし」を販売してきた。

[広告]

 シリーズ第3弾商品となる「栗ブッセ」は、洋菓子店「フレッシュグリーン」(水戸市)と共同開発。9月12日から販売を始めた。開発担当者の黒澤紋子さんは「ふわっとしたブッセ生地に、マロン風味のバタークリームと笠間クリをたっぷりサンドした。コーヒーや紅茶だけでなく、日本茶にも合うお菓子。一口食べると栗の香りがふわっといっぱいに広がるのが特長」と話す。

 賞味期限は、7月~9月=10日間、10月~6月=14日間。黒澤さんは「フレッシュグリーン店主の吉原さんが極力シンプルな材料で作り上げてくださった。クリ好きの方をはじめ、子どもからお年寄りまで幅広い世代の方に食べていただきたい。冷凍すればアイスのように手軽に楽しむこともできる」と話す。販売開始から女性を中心に人気を集め、リピーターもいるという。

 営業部長の河原正典さんは「今後も笠間産クリに力を入れ、オリジナル商品を開発していく。全国1位のクリ産地・笠間のPRする商品として、国内外に広げていけたら」と意気込む。

 価格は、1個=324円、箱入り6個=2,160円。笠間工芸の丘・クラフトショップ、フレッシュグリーンで店頭販売する。笠間工芸の丘ECサイトでの通販も予定している。

 営業時間は10時~17時。月曜定休(祝日・連休は翌日休)。