食べる 買う 暮らす・働く

茨大近くにコーヒー店 「地元に愛される店に」

(右から)店主の大貫さんとスタッフ

(右から)店主の大貫さんとスタッフ

  • 87

  •  

 コーヒー店「Cup of Mercy's(カップオブマーシーズ)」(水戸市袴塚)が10月14日、茨城大学前にオープンした。

日替わりスイーツは店内で手作りする

 1店舗目の「MERCY'S COFFEE(マーシーズコーヒー)」は、昨年10月の台風19号の被害を受け休業となった。店主の大貫将史さんによると、台風被害前から2店舗目の計画はあったという。今年に入り新型コロナウイルスの影響も受けたが、オープンにこぎ着けた。

[広告]

 大貫さんは店の内装工事から参加した。「解体作業や店内の床磨きが大変だった。新しく導入した機械の操作にも慣れなかった」と振り返る。お薦めは、新鮮な生豆を焙煎(ばいせん)したスペシャルティーコーヒー。「おいしいコーヒーというものを伝えていきたい」と話す。

 「茨大生にも気兼ねなく来てほしい。ゆっくりしたい時に来て息抜きしてもらえれば。近隣住民や会社員などにも認知してもらえるようになりたい」と大貫さん。「コーヒーがおいしいから、と来ていただけるような地元に愛される店になりたい」と意気込む。

 営業時間は9時~19時。日曜定休。茨大生向けのサービスとして、学生証提示でドリンクサイズ1ランクアップまたはクッキーなどの菓子を進呈する。