新型コロナ関連4日:県内37名、水戸市内1人新…

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

Bリーグがオールスター戦中止受けオンライン企画 「バスケで日本を元気に」

「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021 IN MITO」TOP

「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021 IN MITO」TOP

  • 2

  •  

 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区)が1月13日、「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021 ONLINE CONTESTS」を1月16日にオンライン配信すると発表した。

 1月15日・16日に「アダストリアみとアリーナ」(水戸市緑町)で開催予定だった「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021 IN MITO」。同法人では今月8日、開催する方針を定めていたが、9日夜に水戸市から要請があったとして中止を決定した。県外から多くの来場者が見込まれることや、水戸市内の新規陽性者数の増加、県の「感染拡大市町村」に追加されたことなどが理由という。

[広告]

 1月16日は16時から、「Bリーグオールスターゲーム2021オンラインコンテンツ」として、「Bリーグオールスターゲーム2021」DAY1の各コンテスト参加選手によるコンテストの模様や「B. THE CREATOR ~B.LEAGUE動画クリエイターコンテスト~」の「クリエイターMVP」表彰式などを番組形式で配信する予定。配信はバスケットLIVE、スポーツナビ、Bリーグ公式SNSで行う。

 同日、恒例企画「ダンクコンテスト」のファン参加型SNS投票も行うほか、開幕シーズンから継続している「Bリーグホープ」の活動として、茨城県内のバスケットボール部に所属する中学生を対象にしたオンライン授業「#バスケに卒業はない!」を行う。

 「Bホープエコロジーパス(エコパス)」プロジェクトとして、茨城ロボッツがファッションを軸とした事業を営む「アダストリア」と取り組む衣類回収と再利用の活動「Play Cycle!」に「Bリーグホープ」として協力し、不要となった衣料品を回収する。回収した衣料品はリサイクル加工を施し、Bリーグ応援グッズを製作する予定。開催期間は1月8日~22日。衣類回収は全国のBリーグクラブがある地域35カ所のグローバルワーク店舗で受け付ける。

 「Bリーグ×日本バスケットボール選手会チャリティーオークション」、メディアプラットホーム「note」を活用した「#Bリーグオールスターレポートコンテスト」なども行う。各企画の詳細は、オールスター特設サイトで順次発表する。

 同法人では「Bリーグオールスターゲーム2021オンラインコンテンツ」のオンライン配信や「Bリーグホープ」の活動に今シーズンも取り組むことなどを通じて「バスケで日本を元気に」することにチャレンジするとしている。