新型コロナ関連8日:県内67名、水戸市内14人…

暮らす・働く 学ぶ・知る

水戸市が地元企業向けセミナー デジタルとの付き合い方や活用方法のヒント紹介

M-SPOウェブページ

M-SPOウェブページ

  • 2

  •  

 水戸市が3月24日、地元企業向けセミナー「デジタルを活用した経営改革と地域企業のこれから」を開く。

 当日は、茨城ロボッツが使っている最新の各種デジタルサービスを題材に、これからのデジタルとの付き合い方や活用方法のヒントを、「セールスフォース・ドットコム」「PayPay」「あしたのチーム」が紹介する。「茨城ロボッツ・スポーツエンターテイメント」による活用事例紹介のほか、パネルディスカッション、質疑応答を行う。

[広告]

 対象は水戸市を中心とした茨城県内企業・団体、支店・支社、商店などの関係者。

 企画担当者は「電子決済、顧客情報管理、売り上げ向上、人事経理の見直しや効率化を考えている経営者や会社の代表者・担当者に参加いただければ」と呼び掛ける。

 当日は、M-SPO(水戸市南町)会場で開催するほか、「Zoom」を活用しオンラインでも同時開催する。

 開催時間は15時~16時30分。参加無料。専用フォームで要事前申し込み。定員は先着約50社。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース