新型コロナ関連16日:県内52名、水戸市内8人…

見る・遊ぶ 学ぶ・知る

茨城県立歴史館で特別展「鋼と色金」 県内の刀剣や刀装ずらり

特別展「鋼と色金-茨城の刀剣と刀装-」展示の様子

特別展「鋼と色金-茨城の刀剣と刀装-」展示の様子

  • 13

  •  

 奈良時代~大正時代に茨城県内の刀工らが手掛けた刀剣や刀装を紹介する特別展「鋼と色金-茨城の刀剣と刀装-」が現在、茨城県立歴史館(水戸市緑町)で開かれている。

「日本刀ができるまで」展示の様子

 日本刀の産地としては、中世に著名な刀工を輩出した大和国・山城国(奈良県と京都府)、備前国(岡山県)、相模国(神奈川県)、美濃国(岐阜県)が「五箇伝(ごかでん)」として知られ、近世以降は、江戸や大坂が有名。

[広告]

 近世以前は、茨城県も刀剣・刀装の一大生産地として、多くの刀工と金工師を輩出。茨城県内各地では、刀工と金工師が鎚(つち)や鏨(たがね)を振るい、刀剣とその外装である刀装・刀装具を生み出していたという。

 同展では、茨城県内の刀工が手掛けた刀剣や金工師が細工を施した刀装を中心に、刀剣文化に関わる史資料を展示する。3月15日に展示の一部を入れ替え、現在約170点が観覧できる。

 目玉は、鹿島神宮(鹿嶋市)が所蔵し、現存する直刀としては、日本最古最大といわれる古代刀、国宝「直刀(ちょくとう) 黒漆平文大刀拵(くろうるしひょうもんたちこしらえ)」。サイズは。刀身(とうしん)223.4センチ、鞘長228.1センチ、柄長40.2センチで、全長は約2.7メートル。

 展示する刀剣は、基本的に実際に身に着けていた時の表側が見えるように陳列する。帯に佩(は)く(=吊るす)太刀は刃を下に、帯に入れて差す打刀や脇差、短刀などは刃を上に、鋒(きっさき)は右に、持ち手部分の茎は左に向け展示し、刻まれた銘なども鑑賞できる。

 展示室前では、初心者でも楽しめるよう「日本刀ができるまで」のブースも用意。茨城県で唯一の刀剣作家で「筑波鍛刀場」(つくば市)の宮下正吉さんが創作協力した。工程順に写真やサンプルを並べ、素材の玉鋼の展示から3種の刃文の土置きの再現までが確認できる。

 館内では記録映像「刀剣研磨-研師・篠﨑公紀の技-」の上映も同時開催する。

 開館時間は9時30分~17時。月曜休館。入場料は、一般=610円、大学生=320円、満70歳以上=300円、高校生以下無料。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース