食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

10店から成る大衆酒場「みと楽横丁」が3周年 記念イベントも

昨年の「みと楽横丁」2周年感謝祭の様子

昨年の「みと楽横丁」2周年感謝祭の様子

  •  

 水戸・大工町の大衆酒場「みと楽横丁」(水戸市大工町)が3周年を迎え、1月20日に記念イベントを行う。

 2015年、同横丁「ハイから屋」の糸井才久(としひさ)さんを中心にオープン。昨年12月、20年ぶりにたこ焼き店「たこ焼きオクトパス」が復活し、串焼き店、和食店、カフェダイナーなど10店が軒を連ねる。月曜~土曜に営業し、20~70代の幅広い層が来店する。

[広告]

 同日は、タレントのジェームス英樹さんを司会に迎え、カラオケ大会や誰でも参加できるビンゴ大会を行う。景品には、テーマパークチケットや食事券などを用意。全店でファーストドリンクを半額で提供する。

 おでん・モツ煮店「煮丁」の大曽根澄人さんは、同町の飲み屋街の歴史を振り返りながら、「若い人たちにとっての玄関口のような、入りやすい憩いの場として定着させたい」と今後を見据え、「3周年を迎えられたのは皆さんのおかげ。ぜひ足を運んでほしい」と来店を呼びかける。

 開催時間は18時~。