暮らす・働く

ひたちなかの小野瀬自動車が「リモート車検」 感染リスク抑え新たな選択肢に

リモートで顧客に説明する整備士

リモートで顧客に説明する整備士

  • 27

  •  

 自動車の販売・修理を手掛ける「小野瀬自動車」(ひたちなか市大字高野)が現在、オンライン会議システム「Zoom」を使い顧客に整備内容を説明する「リモート車検」を行っている。

整備の様子

 同社社長の小野瀬征也(ゆきや)さんによると、新型コロナウイルスの影響でゴールデンウイーク前に車検の予定だった顧客から延期の依頼があったことをきっかけに、自宅にいながら整備状況や説明を受けられる「リモート車検」を思いついたという。

[広告]

 「リモート車検」では、外出による感染リスクを少しでも抑えたいという顧客のニーズに応える。現在、同社から半径15キロ圏内が対象エリア。通常の車検料金に3,000円追加することで同サービスが受けられる。スタッフが検温後に除菌対策を施した車両で顧客の自宅へ向かい、車両を引き取り、整備点検の際に整備士が「Zoom」を使い対象車両の状況などの説明を行う。「エアコンフィルターの汚れの可視化や、タイヤの溝の比較も画面越しにできる。小さいお子さんや年配の方など、家にいながら都合に合わせて自分の車の状況が把握できるのも魅力」と小野瀬さん。

 「リモート車検」を利用した顧客からは「普段見られない所が見られて面白い」と感想もあったという。小野瀬さんは「コロナをきっかけに、世の中全体でITの導入や促進が進んだと感じている。私たち車の販売修理などの業界も変わっていかなければならない。お客さまにも安心を提供しながら、新たな選択肢として、この取り組みがほかの地域などにも広がっていったら」と話す。

 営業時間は9時~18時。木曜、祝日定休。