3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

鹿島臨海鉄道で35周年記念ヘッドマーク列車運行 毎月14日に

35周年記念ヘッドマークのついた列車(写真提供=鹿島臨海鉄道)

35周年記念ヘッドマークのついた列車(写真提供=鹿島臨海鉄道)

  • 17

  •  

 鹿島臨海鉄道が8月14日、大洗鹿島線で開業35周年を記念したヘッドマーク列車を運行する。

 同社は、1969(昭和44)年4月、鹿島臨海工業地帯の生産品や原料の輸送を目的に、日本国有鉄道(現JR貨物)、茨城県、 進出企業の共同出資により設立。鹿島臨海鉄道は、水戸・鹿嶋を結ぶ「大洗鹿島線」と貨物輸送を行う「鹿島臨港線」を運営している。

[広告]

 同列車は、開業35周年を記念し、6月14日から運行。2021年2月まで毎月14日に運行する。

 8月14日は、下りが大洗発鹿島神宮行き5時31分発をはじめ4本、上りは鹿島神宮発水戸行き6時55分発など3本、上下線合わせて計7本の運転を予定する。