新型コロナ関連8日:県内67名、水戸市内14人…

暮らす・働く 学ぶ・知る

水戸商工会議所が「水戸歴史文化検定」 今年はオンラインと郵送で実施

水戸歴史文化検定告知メイン画像

水戸歴史文化検定告知メイン画像

  • 25

  •  

 水戸商工会議所が12月1日、「水戸歴史文化検定試験」のオンライン試験と郵送試験を始めた。

 同検定は、水戸の歴史・文化・観光などを学び、知識を深め、地域の貴重な資源や水戸の魅力を再認識し、郷土愛を育むことを目的に2015(平成27)年に始まった。水戸商工会議所の「ホスピタリティ向上(おもてなし)」事業の一環。今年は、新型コロナウイルスの影響を受けオンラインで形式と郵送で試験を行う。

[広告]

 設問は4択式で、設問の6割は水戸商工会議所「郷土いいとこ再発見」から出題する。出題範囲は、水戸の始まりの史跡と信仰、史跡(神社、仏閣、遺跡、墓所)、光圀公、水戸藩、自然、公園、文化、展示、見学施設、文化施設、郷土料理、特産品、地場産業など、水戸の祭り、地域の行事。

 全50問(1問2点)のうち70点以上で合格となる。合格者には、後日認定証を郵送する。高得点者上位10人には、抽選で水戸の名産「常陸牛」や「納豆」といった水戸の名産品や水戸で使える宿泊券などを進呈する。

 受験料は無料。検定実施期間は来年1月29日まで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース