新型コロナ関連16日:県内52名、水戸市内8人…

見る・遊ぶ 暮らす・働く

水戸のホテルがサイクリスト向けプラン開設 県央含む2ルート制覇後押し

チラシを手にホテル前に立つホテルスタッフ

チラシを手にホテル前に立つホテルスタッフ

  • 8

  •  

 水戸駅南口近くの「ホテルレイクビュー水戸」(水戸市宮町)が「サイクルツーリスト限定ステイプラン」を開設して1カ月がたった。

サイクリング(イメージ)

 茨城県が自転車の活用による観光振興「いばらきサイクルツーリズム構想」を全県で推進しようという流れに合わせ、新設した。

[広告]

 同県では、昨年2月に、県央から県北地域の6市町を巡る「奥久慈里山ヒルクライムルート利活用推進協議会」、11月に県央と海岸沿いの県北地域の7市町村を縦断する「大洗・ひたち海浜シーサイドルート利活用推進協議会」が設立されている。

 「奥久慈里山ヒルクライムルート」は水戸市、常陸太田市、常陸大宮市、那珂市、城里町、大子町の6市町が沿線。県内最高峰の八溝山山頂や袋田の滝、竜神大吊橋など、里山の風景が広がる地域を巡る約200キロのルート。

 「大洗・ひたち海浜シーサイドルート」は茨城空港(小美玉市)から茨城町、水戸市、ひたちなか市、大洗町、東海村を経て日立市に向かう約95キロのルート。水戸駅発着の輪行利用客のデーユースや宿泊での両ルート制覇の後押しする狙いもある。

 プランは、「サイクルツーリスト限定1泊朝食付きプラン」(1人7,500円)と、デーユースの「サイクルツーリスト限定デイユースプラン(和室限定)」(1人5,000円)。デーユースプランは、4人以上の利用が条件。10時~18時で、シャワーの利用ができる。

 自転車はホテルロビーに持ち込みできる。無料駐輪スタンドを貸し出しホテルフロント前で保管するほか、空気入れも貸し出しする。

 首藤敦子支配人は「シャワー利用もできるので、女性サイクリストにもおすすめ。気の合う仲間と大好きな自転車で奥久慈里山のヒルクライムルート、大洗・ひたち海浜シーサイドルートを攻める際には、ホテルレイクビュー水戸を利用いただければ」と呼び掛ける。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース