新型コロナ関連16日:県内52名、水戸市内8人…

見る・遊ぶ

国営ひたち海浜公園、ネモフィラ3分咲き ナノハナ、スイセン見頃

「3部咲き」となったネモフィラ

「3部咲き」となったネモフィラ

  • 15

  •  

 国営ひたち海浜公園(ひたちなか市馬渡大沼)みはらしの丘で現在、淡いブルーが特徴の花「ネモフィラ」が3分咲きとなっている。

 今年の開花時期は例年よりも10日間程早く、4月10日ころに「見頃(7分咲き)」、4月16日ごろに「見頃」になると予想されている同園のネモフィラ。

[広告]

 3分咲きでは、ネモフィラの青い色が、徐々に丘全体に広がる。同園広報担当の星みきさんによると撮影のポイントは「開花が進んだ場所をカメラで切り取ること」。撮影方法によって、画面いっぱいに花があふれる写真も撮影できるという。

 現在、同園では、「みはらしの里」のナノハナが見頃で、「スイセンガーデン」のスイセンが見頃後半。「チューリップの森フラワーガーデン」のチューリップは3分咲き、泉の広場フラワーガーデンのツマジロヒナギクは咲き始め、「記念の森散策路」ではクリスマスローズが楽しめる。

 同園では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月10日~5月9日の間、 「みはらしの丘」内の順路が一方通行となる。丘への入り口は4カ所。各ゲートで配布する混雑時MAPに記載の推奨ルート利用を呼び掛ける。

 広報担当の星さんによると、ネモフィラの見頃のピークは1週間から10日ほど続き、ゴールデンウイーク前半まで楽しめるという。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース