新型コロナ関連4日:県内290名、水戸市内27…

食べる 買う

茨城県内のスタバで「茨城メロンいがっぺクリーミーフラペチーノ」販売

「茨城メロンいがっぺクリーミーフラペチーノ」

「茨城メロンいがっぺクリーミーフラペチーノ」

  • 216

  •  

 スターバックスコーヒージャパンが6月30日、全国各地のスターバックス従業員が考案した「47JIMOTOフラペチーノ」を47都道府県で販売する。茨城県内の店舗では「茨城メロンいがっぺクリーミーフラペチーノ」を提供する。

[広告]

 スターバックス日本上陸25周年記念企画の第2弾。47種類のフラペチーノは、「地域・地元とつながる」をキーワードに、各都道府県の従業員が、地域を代表する自然の風景や特産品といった「地域ならでは」の食文化などをヒントに考案したもの。同企画は、2年前から進めてきたもので「いわゆる『ご当地』ではなく、地域・地元のお客さまに向けて地元の従業員がお届けするもの」と同社PR担当者。

 茨城の地元フラペチーノ「茨城メロンいがっぺクリーミーフラペチーノ」のテーマは「茨城ラブ、スターバックスラブ、茨城」。「お客さまとスターバックスの相思相愛を表現した」という。同社茨城担当者は「茨城のスターバックスはアットホームが売り。お客さまと従業員が笑い合っている姿を多く見かけるなど、愛にあふれた店舗が多いのが自慢」と話す。

 同商品では、県の特産品として収穫・出荷量日本一(農林水産省令和元年野菜生産出荷統計より)を誇るメロンに着目。茨城県産メロンを使い、スターバックスで人気のホワイトチョコレート風味を合わせた。

 ベース部分には、生乳を使ったコクのあるクリームを使い、メロンシロップとホワイトチョコレート風味のシロップを合わせたオリジナルのソースをマーブル模様にあしらう。「メロンの甘みとミルクのコクを感じるメロンホワイトチョコレートソースがアクセントとなり、ストローをさす位置によって、異なる味わいが楽しめる」という。「商品名につけた『いがっぺ』は、茨城弁で『いいね、いいんじゃない』という表現。茨城のお客さまとスターバックスの愛やつながりを深め、商品を通して、地元愛や地元の魅力を再認識いただけたら」と同社茨城担当者。

 同社ひたち野うしく店・ストアマネジャーの瀬戸夏実さんは「地域の皆さまに親しまれているメロン、スターバックスで人気のホワイトチョコレート風味のシロップという県民の皆さまが好きなもので仕上げた。大人からお子さままで、老若男女に愛されるフレーバーは暑い季節にぴったり」と話す。「一口飲めば、誰かにも飲んでほしくなる、さわやかだけどコクのある一杯」とも。

 商品はトールサイズのみ。価格は、持ち帰り=669円、店内利用=682円。販売店舗は、茨城県内の全35店。販売は8月3日まで(商品無くなり次第終了)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース