暮らす・働く

水戸で空き店舗見学プレツアー 水戸商工会議所が起業者後押し

昭和の面影を残す泉町仲通り

昭和の面影を残す泉町仲通り

  •  

 水戸商工会議所が9月17日、「水戸まちなか空き店舗見学プレツアー」を開く。

水戸まちなか空き店舗見学プレツアーの会場となる登利庄ビル

 空き店舗物件のオーナーと出店希望者をマッチングすることで、空き店舗を解消し商店街の連続性を創出する目的で、12月ごろの本ツアー開催に先駆けプレツアーを行う。水戸市中心部での開業希望者を募り、空き店舗を巡る。泉町仲通り周辺の飲食店向けの居抜き物件と登利庄ビルの計17カ所を見学する。

[広告]

 同ツアーでは、物件オーナーから直接話を聞く時間を設けるほか、空き店舗補助金、制度融資、商店会の情報、泉町仲通りでクラウドファンディングを活用したプロジェクトを立ち上げた建築士の加藤雅史さんによる説明も予定する。

 商工会議所産業振興課の天下井博充(あまがいひろみつ)さんは「今話題のエリアにある飲食店向けの物件を紹介する。空き店舗補助金、制度融資などの情報もお伝えするので、水戸市中心市街地への出店を検討されている方に参加してほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は9時30分~12時00分。参加無料。参加申し込み締め切りは9月10日まで。