新型コロナ関連8日:県内67名、水戸市内14人…

見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

茨城県が絶景などを紹介するオンライン企画 タレントの加藤里保菜さん出演も

「#よる旅いばらき」メイン画像

「#よる旅いばらき」メイン画像

  • 10

  •  

 茨城県観光物産課が3月13日、茨城県内の絶景や観光スポット、特産品などを紹介するオンラインイベント「#よる旅いばらき」を開く。

例年開催している夜梅祭の様子(イメージ)(写真提供=茨城県)

 同イベントは、茨城県の「令和2年度いばらきの魅力発信事業 旅に関するオンラインイベントの開催実施業務」の一環。旅行代理店「アーストラベル水戸」(水戸市白梅)が運営する。

[広告]

 当日は、茨城県出身タレントの加藤里保菜さんをゲストに迎え、日本三名園の一つである偕楽園から、動画投稿サイトYouTubeを使い限定ライブ配信する。

 茨城県独自の緊急事態宣言解除後の3月1日~21日の期間で開催される「第125回水戸の梅まつり」。この時期ならではの絶景スポットとなる偕楽園の夜間ライトアップを背景に、加藤さんの実体験を織り交ぜながら「いばらき観光マイスターS級」の堀田誉さんのガイドにより、茨城旅行の楽しみ方を発信する。イベントでは、同会場で開催中の「チームラボ 偕楽園 光の祭」の一部も中継するという。

 ゲストの加藤里保菜さんは茨城県出身。アイドルグループで活動後、TBS系「ランク王国」11代目MCを務め、現在、俳優・タレント・声優として、TVドラマ・映画・舞台ラジオ・アニメ・ゲームなど幅広いジャンルで活動する。2019(令和元)年夏から、ブシロード新プロジェクト「D4DJ(グルミク)」メインキャスト・青柳椿役として、TVアニメ・ゲームをはじめ、音楽ライブなどに出演する。

 同イベント担当者は「『#よる旅いばらき』では、首都圏から思い立ったら『夜』行ける、宿泊し翌日も立ち『寄る』ことができる県の絶景や観光スポット、特産品などを紹介する。コロナウイルス収束後に本県に「行ってみたい」と思ってもらえるような魅力を発信する」と話す。

 参加者には、同イベント内でも紹介する茨城県の特産品セットを進呈するほか、希望者を対象に360度の絶景をオンライン体験できる参加型コンテンツも用意する。

 開催時間は18時30分~の40分を予定する。参加費は無料。募集人数は50人で、申し込みは専用フォームで受け付けるが、応募者多数の場合は抽選となる。申し込みは2月24日~3月2日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース