新型コロナ関連8日:県内67名、水戸市内14人…

見る・遊ぶ

茨城ロボッツ、2021-22シーズンのB1ライセンス交付決定

2020-21シーズン茨城ロボッツ選手とヘッドコーチ(写真提供=茨城ロボッツ)

2020-21シーズン茨城ロボッツ選手とヘッドコーチ(写真提供=茨城ロボッツ)

  • 0

  •  

 バスケットボール男子・Bリーグは4月28日、理事会で2021年~22年シーズンの資格審査を行い、2部(B2)の茨城ロボッツへの1部(B1)ライセンスの交付を承認した。

 ロボッツのB1ライセンス交付は、リーグ参入から5季連続。

[広告]

 Bリーグクラブライセンスは、Bリーグのリーグ戦に出場するための資格でB1、B2に参加できる
B1ライセンスとB2に参加できるライセンスの2種類がある。施設や財務面の基準に沿って判定される。現在B2所属の茨城ロボッツは、B2東地区で2位が確定し、チーム発足以来初のプレーオフ進出とクオーターファイナルのホーム開催を確定させている。既に出場が決まっているプレーオフで2位以上に入れば、B1に昇格できる。

 茨城ロボッツの山谷拓志社長は「チームは目標であるB2制覇・B1昇格に向けてプレーオフ出場権の獲得やB1クラブライセンスの取得といった関門を一つずつ突破してきている。泣いても笑っても2020-21シーズンはあと数週間。ロボッツファミリー全員で一丸となって必ずや目標を成し遂げたい」と意気込む。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース