学ぶ・知る

水戸でUUUM執行役員が語る「最新のインフルエンサーマーケティング」

登壇するUUUMの松山奨さん

登壇するUUUMの松山奨さん

  •  
  •  

 ユーチューブをはじめとしたインフルエンサーマーケティングなどを行う「UUUM(ウーム)」の執行役員・松山奨さんのトークイベントが4月17日、水戸のM-Work(水戸市南町)で開かれた。主催はM-Work。

今後について話す須田将啓さん

 「UUUM」はユーチューバーを中心としたクリエーターサポート、インフルエンサーマーケティング、ゲーム、メディアコミュニティーアプリの提供・運営を行っている。「セカイにコドモゴコロを」を理念に掲げ、人々に「新しい体験」の提供を目指す。

[広告]

 当日は、同施設の代表と海外ファッション通販サイト「バイマ(BUYMA)」を運営する「エニグモ」代表を務める須田将啓さんが対談相手となり、事業内容の説明、最新のユーチューバー事情として「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」、「フィッシャーズ」の事例、現在のマーケティングの分析や今後のマーケティングについての見解、企業タイアップの事例などを紹介。小学生から社会人まで60人以上が参加し、メモを取る姿が多く見られた。

 トーク終了後には質疑応答も実施。参加者からの「ユーチューブで成功している人とそうでない人の違いは何か」という質問に対し、松山さんは「毎日の継続」と答えた。「今後はファンの数や熱量が重要」とも。

 松山さんは「情報の感度が高い人が多く、熱気を感じた。今はテレワークなど、ロケーションを問わない働き方に注目が集まっている。これまでは大企業同士が手を組んで仕事をしていたが、これからは大企業とベンチャーなどいろいろな人同士が組むことで良い仕事が生まれてくる。そんな場を提供できれば」と話す。

 須田さんは「正直こんなに集まるとは思わなかったので驚いた。職種・立場もさまざまな人たちが来ていた。想定以上にユーチューブやインスタグラムをやっているという人がいたので可能性を感じた」と笑顔を見せる。「今後も月1回くらいの頻度でこのようなイベントを開く予定。起業家や冒険家などをゲストに新しいことをやっていきたい」とも。

  • はてなブックマークに追加