食べる

水戸でバラを使った家庭料理教室-茨城の県花制定日記念で

色鮮やかなバラを使った料理作りに取り組む参加者ら

色鮮やかなバラを使った料理作りに取り組む参加者ら

  •  

 水戸でバラを使った家庭料理教室が3月27日、中川調理学園技術専門学校(水戸市見和3)で開かれた。

 当日は、エディブルフラワー(食用花)料理研究家の久木倫子さんを講師に迎え、約40人が参加。「バラのガーデンサラダレモンビネグレット」「ホワイトチキンの赤いバラソース~茨城名産レンコンを添えて~」「ローズウォーターと鉾田名産イチゴのゼリー」「オーガニックダマスクローズティー」の4品を調理した。

[広告]

 実習後、久木さんのバラを使った料理の歴史や海外での食べられ方、心身への効能などの話を交えながら試食。参加者らはバラの料理に舌鼓を打った。

 翌28日は茨城県の県花がバラと制定された日であることを記念し、LPガス会社「カンプロ」(水戸市吉沢町)が主催した。同社では毎月県内各地で「カンプロ料理教室」を開いている。