天気予報

22

14

みん経トピックス

県民文化センターで講演会水戸の図書館で託児拡充

ひたちなかの会社員が50円で写真撮影 アーティストらの活動後押し

ひたちなかの会社員が50円で写真撮影 アーティストらの活動後押し

フナバシさんが撮影した写真

写真を拡大

 ひたちなか市で「ごじゃっぺ音楽祭」を主催するフナバシケンイチさんが2017年12月から、1回50円で写真撮影を行っている。

 以前からスマートフォンでライブの撮影を行っていたというフナバシさん。2017年11月ごろ、一眼レフカメラ購入をきっかけに本格的にライブや風景の撮影を開始。SNSでアップしたところ、写真への反応や撮影依頼があり、継続を決めたという。

 「あくまで写真で稼ぐ気はなくて趣味の範囲。自分はプロのカメラマンではないので、なるべく敷居を低くしたい」と、料金を50円に設定。知人をはじめ、SNSで写真を見たミュージシャンやデザイナー、飲食店関係者など幅広い層から依頼があり、ライブ撮影やプロフィル写真、アーティスト写真、風景写真、CDジャケット写真、PVなどを撮影している。

 「『50円で、このクオリティー』と言われるのはうれしい」とフナバシさん。「写真を通じて、いろいろな人の活動を応援したいという思いが強くなった。アーティスト写真やPV撮影などは、依頼者の要望を聞きながら一緒に作品を作る過程が楽しい」とも。「これからはもっとたくさんの人に、自分の撮った写真で感動を与えていきたい。写真を撮ることがとても楽しいので、その楽しさも伝えていけたら」と先を見据える。

グローバルフォトニュース