学ぶ・知る

水戸で「三十路の祭典」 同世代で茨城を盛り上げるきっかけに

イベントポスターを持つ水戸ホーリーホックの市原侑祐さん(左)と眞田光一郎さん(右)ポスターCopy Writer:Yusuke Amagai、Art Director:Takahiro Soga

イベントポスターを持つ水戸ホーリーホックの市原侑祐さん(左)と眞田光一郎さん(右)ポスターCopy Writer:Yusuke Amagai、Art Director:Takahiro Soga

  •  

 水戸ホーリーホックのクラブハウス「アツマーレ」と水戸京成ホテルを会場に9月24日、三十路の祭典「IBARAKI MEETUP AGE30」が開催される。主催はIBRK30実行委員会。

 都道府県魅力度ランキング5年連続最下位の茨城県で、30歳世代発となるイベントを通して、同世代が力を合わせ茨城を盛り上げていくきっかけをつくろうと、茨城県出身の畠山純さん、今井悠介さん、川嶋啓太さん、加藤雅大さん、鈴木宏和さん、小原太輔さん、水戸ホーリーホックの市原侑祐さんらを中心に企画。全国的に広がる三十路式の茨城県版として、茨城県出身の1987年~1989年生まれの「第一次ゆとり世代」による三十路式として、県内出身者を集めた交流会を行う。

[広告]

 第1部は「IBARAKI MEETUP AGE30 Sports」と題し、モデレーターに「スマートニュース」執行役員川崎裕一さん、パネラーに水戸ホーリーホックの沼田社長、茨城ロボッツの山谷社長、アストロプラネッツの山根代表を迎え、「スポーツと地域」をテーマにトークセッションを行う。ワークショップでは参加者を5~6のグループに分け、各スポーツチームを交えたディスカッションを行う。

 第2部では、ゲストにかすみがうら市出身のアントキの猪木さん、水戸市出身の書道家・笹島沙恵さん、シンガー・ソングライターの川嶋あいさんをゲストに迎え、2018ミス・ユニバース・ジャパン茨城大会グランプリで、フリーアナウンサーの薄井しお里さんの司会で立食パーティーを行う。

 第1部は参加無料。第2部は、前売り=6,000円、当日=6,500円。