見る・遊ぶ

声優・俳優の安達勇人さん、県民文化センター大ホールでの公演発表

ツアーファイナル「ADACHI HOUSE FESTIVAL2018」の様子

ツアーファイナル「ADACHI HOUSE FESTIVAL2018」の様子

  •  

 笠間公民館大ホール(笠間市石井)で7月28日、声優・俳優の安達勇人さんが立ち上げた茨城活性化プロジェクト「ADACHI HOUSE」の全国&アジアツアー2018ファイナル「ADACHI HOUSE FESTIVAL 2018」が行われた。

バースデーケーキを手にした安達さんを囲む出演者

 声優として、テレビアニメ「王室教師ハイネ」のブルーノ・フォン・グランツライヒ役や俳優として漫画やアニメ、ゲームなどを原作・原案とした2.5次元舞台、テレビ番組「カオスパイ」でレギュラーを務めるなど、幅広く活躍する安達さん。国内をはじめ、台湾、上海、韓国での公演を経て、特別観光大使を務める茨城県笠間市がツアーの最終地となった。

[広告]

 ステージでは、お笑いトリオ「ニブンノゴ!」宮地謙典さんをMCに、ゲストの元モーニング娘。の田中れいなさん、俳優の安里勇哉さん、柏木佑介さん、君沢ユウキさんらを交えたトークやダンスなどのステージ、ゲストとのコラボ演奏、ファン参加型の間違い探しや借り物競走といったゲームで会場を盛り上げた。安達さんのライブでは、「FAN☆FARE」「キミはシンデレラ」「世界で一番好きでした」と3曲続けた後、「ORE NO GIRL」「夢」「ポレポレさんちのあだちくん」や7月に笠間市でMVの撮影を行った「Roar」など全11曲を披露。そのほか、同日30歳の誕生日を迎えた安達さんに声優・俳優仲間からのビデオメッセージが送られる中、サプライゲストとして俳優の渡辺和貴さんが登場。約500人が来場した会場を沸かせた。

 ツアーファイナルを終えた安達さんは「今回、ADACHI HOUSEとして初のツアーでこんなにもたくさんのファンの方々が日本や海外にいてくれるんだと実感した」と振り返り、「今回のツアータイトル『~home~』は、日本や海外にいるファンの方々が集まれるホームを作るため名付けた。今後も、今回のツアーでできたホームにたくさんのワクワクを生んでいけるよう頑張りたい」と笑顔を見せた。

 来年9月1日には、県内で最大規模のホールとなる茨城県立県民文化センター大ホールで「ADACHI HOUSE FESTIVAL 2019」の開催も決定。1500人の動員を目指す。国外では、台湾、上海、韓国に続いてタイ、香港にも進出する。次回開催に向け、安達さんは「2019年、さらに進化したADACHI HOUSEをお届けできるよう精進していきたい。ADACHI HOUSE初めての方も、ファンの方も一堂に集結してほしい。セット美術にもこだわりたい」と意気込む。最新情報は、公式サイト、公式ツイッター、Facebookなどで決定次第順次発表される予定。